表札には正しい漢字を

表札屋というお客様のお名前を表札に書き入れるという仕事ですので間違った字でお作りする訳にはまいりません。

漢字は小学校から習いますが、漢字の筆順、とめ、払い、はねなどについては色々指導されましたが,正しい漢字を書くという
学習は無かったように思います。お手本をまねて書く授業はありました。

正しい漢字を書くには「後に書く画は、先に書く画の始筆または終筆の一部が出るようにつける」という
接筆法(字を構成する線や点の接し方)を正しく理解することが必要と思います。



印刷書体、フォントは読むための文字

コンピュータや印刷文化の発展でフォント、印刷活字を目にすることが当たり前になっていますがこれらは読むための文字です。

そのため他の文字との違いが一見してわかり、誤読されないことが重視されて作り出された文字です。

それらの書体は、明朝体が筆順に関係なくすべての縦画の始筆や終筆を出すというように漢字本来の字形から隔たっています。



文部省の常用漢字表

今のわが国の漢字の正しい字形は文部省の常用漢字表(昭和五十六年十月一日号外内閣告示第一号)に準拠しています。

ただ、以下をご覧いただくとお分かりいただけると思いますが強制でも押し付けでもありません。

前書きには漢字使用の目安をしめすものであるとあります。  (注 強調はページ著者です)

また、「この表の運用に当たつては,個々の事情に応じて適切な考慮を加える余地のあるものである。」ともあります。

さらに、”(付)字体についての解説”の項をもうけて 「常用漢字表では、個々の漢字の字体(文字の骨組み)を、
明朝体活字のうちの一種を例に用いて示した。このことは、これによって筆写の楷書における書き方の
習慣を改めようとするものではない。字体としては同じであつても,明朝体活字(写真植字を含む。)
の形と筆写の楷書の形との間には,いろいろな点で違いがある。それらは,印刷上と手書き上のそれぞれの
習慣の相違に基づく表現の差と見るべきものである」とあるように便宜的に明朝体を使用
しただけで、そっくりそのまま書くようにとはしていません。



常用漢字表が一人歩き

常用漢字表の主旨は「法令・公用文書・新聞・雑誌・放送等、一般の社会生活で用いる場合の、効率的で共通性の高い漢字
を収め、分かりやすく通じやすい文章を書き表すための漢字使用の目安」(同告示)であったのに、
まるで標準とされ,さらに基準となり、この常用漢字表以外の字体は間違いであり、使用してはいけないように
受け止められるようになったのは残念なことでした。



常用漢字表に明朝体が使われたため、明朝体の字形が正しいものと思われたため混乱が生じました。

明朝体活字と同じに書くべきなのか、それとも手書き筆文字は違った形でいいのか迷うこともあったようです。

学校の先生の中にも、字は活字と同じようにかくものとして生徒に教えている人がいるようです。

しんにゅう、糸の字の一から四画までが離れている、史、丈の字の最後の画に点がついているなどおかしな字」があります。



しかし、繰り返しますが常用漢字表は目安であり、印刷上と手書き上の表現の差はあるものとの前提に立っています。

常用漢字表はその前文にあるように、「一般の社会生活において現代の国語を書き表すための漢字使用の目安を定めたもの」なのです。

私たちは漢字を書くのに、その場面に応じて使い分けるということになろうかと思います。

漢字の書き取りには常用漢字表に合わせ、書道では先人の見事な字を手本に書き、手書き文字では自由にかいてみるというように。




正しい楷書体

常用漢字表が押し付けでないなら、私たちはなにをもって書写の正しい楷書体とすればよいのでしょうか?

このページの先頭にもありますが、接筆法(字を構成する線や点の接し方)を正しくと理解することが肝要と考えます。

後に書く画は、先に書く画の始筆または終筆の一部が出るようにつけるというのが接筆の大原則です。

楷書体の項でも触れましたが接筆部を見るとほぼ筆順がわかるようになっています。

その上で「常用漢字表」を参照することで、より確実なものになると思います。



表札の楷書体

表札の楷書体はお客様に細かく点検していただいても大丈夫な「正しい楷書体」で書くよう努力します。

さきほどから述べている接筆法は大原則です。

法律でもそうですが原則があれば例外があります。これがあるから大変にややこしいことになります。

ネット上で色々探し回りましたが情報が見つけられませんでした。

この接筆の原則の例外については詳しくページを設ける予定です






表札の山田製作所
縁起の良い銘木一位の書家文字表札は大好評
注文前に出来上りを確認できる安心の下書きサービス
www.hyousatsu.co.jp/