表札書家が明治の音表文字論を調べました

表札書家が明治前半に、音表文字である仮名文字にするか、ローマ字にするか、民間の音表文字論をみてみました。

明治20年頃までに、漢字廃止後にかな文字にするかローマ字にするか、民間でそれぞれの主張が出されました。

独自の文字(新国字)によろうとするものなどの意見もありましたが少数で、音表文字派の主張は大きく二つに分けられ、仮名文字派と
ローマ市派がありました。

いずれも漢字を廃止を前提とした主張でした。



仮名文字について

明治初年に文部省が設置され、小学校の教科書編集に当たって、「小学読本」などには仮名文字は現在の五十音図とは違った
五十音図が載りました。

ヤ行の「い」「え」では今とは別の字が当てられていました。

ヤはローマ字ではyaになり、この点からするとヤ行の「い」はyi,同じく「え」はyeと示せるように別の文字があてられるべきであるという
意見があったためでした。

しかし、「いろは歌」はす、でにア行の「え」とヤ行の「え」が同音になってから後のものだったので、「ん」を除くと四十七文字の書き分けで
示されていました。

しかし、言霊派の国学者たちはこれらを区別すべきと主張しました。

この考えは明治初年の小学校の教科書に受け継がれ、この五十音図が載せられましたが、すぐ翌年には改められました。



かな文字採用論

明治の初めころには、前島密が平かなの新聞を出すことがありましたが、かな文字採用論が高まったのは、明治13年、14年
ごろから非常に盛んになりました。

これらの中には「いろはくわい」、「かなのとも」が明治14年、「いろはぶんくわい」は明治15年の成立で、かな採用論を主張する
団体が次々に設けられました。

しかし、これらの団体の間ではその仮名使いを採用するのかについて意見の相違がありました。

「かなのとも」の会員には国学者が多くいて、歴史的仮名遣いを主張しました。

一方、「いろはくわい」や「いろはぶんくわい」は慶応義塾の関係者が会員であって、そこでは発音識の仮名遣いを主張しました。

これらの会は初めのうちは非常に熱心に活動して、明治16年にはこれらの会は合同して、「かなのくわい」が成立しました。

その中はさらに月、雪、花の部に分かれましたが、これは前の三つの会がそれぞれの部会になっただけのものでした。

「かなのくわい」は機関紙を出して、「かなのくわい」での問答について、それに答える形でいろいろの意見を述べました。

しかし、やがてこの会も会員の減少が始まりましたが、会員は後に帝国教育会の国字改良部に加わり、仮名字体の統一や
仮名遣いについての意見を出すことになりました。



ローマ字採用論

瀬ローマ字論はすでに明治の初め頃から南部義籌や西周の主張がありました。

その後、さらに矢田部良吉は「羅馬字をもって日本語を綴るの説」(明治15年)を出し、外山正一などが中心となり、ローマ字採用を
主張する団体を作った。

この以前、幕末期の外国人たちは日本語をローマ字で綴るのに、オランダ、フランス、ドイツなど、それぞれの国での発音に
応じた綴り方をしていました。

それをアーネスト・サトウの主張する、子音は英語式で、母音はイタリア語式にするという綴り方が以後米英の学者に受け継がれ、
その影響もあって、およそ明治20年ころからおもに使われるようになりました。

これを修正ヘボン式といい、明治18年成立の「羅馬字会」で採用が主張されました。

ただ同会のなかでも、田中館愛橋はヘボン式では「し」をshiと表記するところをsi,chiとする「ち」をtiとする綴り方を主張して、
「羅馬字会」を脱退して別に会を創ることになりました。

この田中館愛橋の綴り方は日本式と言われました。

これらの綴り方に関する意見の違いは、いろいろの論争を巻き起こし、これ以後ずっと続くことになります。



各派は意思統一のために動いたか

音表文字を採用するとすれば、仮名かローマ字しか事実上ありえませんでした。

どちらにするかで論争があったかといえば、ほとんどありませんでした。

それぞれ内部で争いがありました。

仮名の陣営ではカタカナをもちいるのか、ひらかなをもちいるのか、またどういう書き方にするかでいくつかの分派に分かれていました。

ローマ字派でも上にありますようにヘボン式にするのか、日本式にするのかで二つに割れていました。

そして、それぞれ分派間での主導権争いで消耗していました